日本ナザレン教団 成田キリスト教会

アクセスカウンタ

zoom RSS 教会の始まり 2012/10/14 使徒1:1-8

<<   作成日時 : 2012/10/20 22:59  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

主が天に帰られるお別れの時、「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。(1:8)」 とおっしゃいました。ではこの、わたし=イエスの証人とは何ことなのでしょうか。
それはルカ 24:45〜48を見るとよく分かります。「そしてイエスは、聖書を悟らせるために彼らの心の目を開いて、言われた。『(中略)エルサレムから始めて、あなたがたはこれらのことの証人となる。』」というのです。
では「これらのこと」と言われているのは何でしょうか。「メシア(すなわち、キリスト)は苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。」ということです。さらに、悔改めた者に「その名によって罪の赦しを得させる」ということです。ここに信じる根拠が言い表されています。「神の名」「救い主の名」にはそれほどの力があるのです。そのことを喜びと感謝を持って証していく群れ、それが教会であるということを初代教会は示しています。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
教会の始まり 2012/10/14 使徒1:1-8 日本ナザレン教団 成田キリスト教会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる