アクセスカウンタ

<<  2011年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
愛の教え Tヨハネ3:11-18 2011/2/20 夕礼拝
愛する者たち。私たちは、互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです。 私たちは、ことばや口先だけで愛することをせず、行ないと真実をもって愛すように、と長老ヨハネは勧めます。 これは表面的な愛ではない、真実な愛をもって互いへの愛を表現するように ということです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/21 18:53
愛の教え Tヨハネ3:11-18  2011/2/20 
教会の中にも幾つかの専門用語があります。 聖書のみ言葉の多くもそうですが、教会内の信徒に向かって「兄弟」「姉妹」などというのもそうです。 初代教会のころ、教会に集う人々が互いに兄弟姉妹と呼び合い、基督の血をのみ、基督の身体を食べるなどということを行っている、 とても恐ろしい集団だ、と恐れられていたことがあったそうです。 いまでも、「よう、兄弟!」などと呼び合う業界はいかがわしいのかもしれませんが…。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/20 14:37
イブのつどい
音声は途中からで 後半は音楽が入っています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/15 22:36
キリストに似た者となる 2011/2/13 創立記念礼拝 Tヨハネ3:1-10 
昨日は、CECの研修会でした。 雪の降る中の中野教会でしたが、小岩教会の坂本先生を講師にとても有意義な研修となりました。 私たちのナザレン教団の基でもあるジョンウェスレーの母、スザンヌの信仰と教育から学びました。 スピリチュアルディレクター、霊的指導者という観点からお話いただきました。 私たちは、誰かに導かれ教会に集うようになりました。 最初はただ居るだけであったかもしれません。 しかしいつしか、祈りの生活へと変えられ、今日まで教会生活を送ってきています。 そこには必ず... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/13 12:24
CEC研修会 坂本誠師 2011/2/11
音声のみのUPですが、 なぜか40分頃マデしか録音されていません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/13 00:14
神にとどまる民  2011/2/6  Tヨハネ2:28-3:3
本日の朝日新聞の1面の見出しは「大相撲春場所中止」でした。 今年の成田山新勝寺には、大河ドラマの主役となる上野樹里さんやばると関などが来て、豆まきをしたそうです。 大相撲の賭博問題、八百長問題が取りざたされています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/07 00:48
真理を知る者 Tヨハネ2:18-27 2011/1/30
「人は、一人では生きて行けない」といいます。 この意味を本当に理解するのは難しいと思います。 他人と関わり無く自由にいきたいという考えもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/07 00:41

<<  2011年2月のブログ記事  >> 

トップへ

日本ナザレン教団 成田キリスト教会 2011年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる