アクセスカウンタ

<<  2009年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
言葉によって生きる 2009/2/22 ヨハネ4:43-50
作家の村上春樹さんがエルサレム賞を受賞しました。 授賞式に参加する、しないとの話題になりましたが、さまざまな危険を顧みず授賞式に出席しました。 村上さんは英語で「作家は自分の目で見たことしか信じない。私は非関与や沈黙をするより、ここに来て、見て、語ることを選んだ」と述べました。 ガザ攻撃については「1000人以上が死亡し、その多くは非武装の子供やお年寄りだった」と言及し、事実上イスラエル軍の過剰攻撃を批判しました。 日本国内で受賞拒否を求める声が挙がったことも説明しました。 そのう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/23 12:05
主にあってよろこぶ ピリピ4:4〜9 2009/2/15千葉地区壮年会例会での奨励
先月は学園教会での研修会がありました。 関東地区、特に千葉地区の皆さんのお祈りに支えられて、成田教会で千葉地区の壮年会の集まりがこの成田教会でもてましたことを感謝します。 改めて千葉地区を見回してみますと、大ベテランの牧する教会と経験の浅い若い牧師の牧する教会があると思いました。 人事異動ばかりではありませんが、地区に動きがあるということはいいことだと思います。 まもなく学園教会がリニューアルするということは、千葉地区にとっても重要な祈りの課題です。 御言葉を取り次ぐべき説教者、集... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/15 17:25
さぁ、見に来てごらんなさい。 2009/2/15 ヨハネ4:27-42
ヨハネ福音書を学ぶ上で抑えておくべきいくつかのポイントがあります。 まず物語の構成です。 冒頭に、何かひとつの出来事とかあるいは事柄が示され、問題提起されます。 そして、そこに登場してくる人物あるいは弟子たちとの対話が繰り広げられます。 次に、主イエスとその相手や弟子たちとのやりとりがあるのですが、どうもそれがすれ違ってちっとも噛み合わない。 それを解きほぐすように、主イエスは福音を語られ、いろいろとそれについて説明を加えてくださいます。 時にはそれが、主イエスご自身のお言葉であ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/15 17:19
救いはどこから 2009/2/8 ヨハネ4:1-22
主イエスとの出会いを経験すると人生の変わる人がいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/08 13:08
喜びで満たされる 2009/2/1夕礼拝  使徒言行録14:8-20
リストラで、 などと書かれていると、聖書にまでそんなことが書かれているのか。 などと嘆かわしくなってしまいますが、これは地名です。 口語訳聖書では「ルステラ」と表記されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/01 20:59
喜びで満たされる 2009/2/1 ヨハネ3:22-30
イスラエルの国には主イエスが活躍される頃まで約四百年の間、預言者が起こりませんでした。 しかし、バプテスマのヨハネによって神のことばが、再び、人々に語られました。 時系列がぐちゃくちゃになりそうなので、すこし整理します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/01 12:24

<<  2009年2月のブログ記事  >> 

トップへ

日本ナザレン教団 成田キリスト教会 2009年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる