アクセスカウンタ

<<  2012年8月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
心が鈍る時 2012/8/26 マルコ6:41-53
先週の箇所で、主は使徒たちを休ませようとしてくださったにもかかわらず、結果的には休めませんでした。そればかりか、主は追い討ちをかけるように2匹の魚と5つのパンを大勢な人に配るようになどという無茶な指示をだされました。「それから」という接続詞でつなげられたのが本日の箇所です。 使徒たちも疲労困憊、食事もまともに取れない状況だったので、主は強いて使徒たちを船に乗せました。向こう岸で休ませようとされたのです。 強いて とは自分たちの意に反してという意味です。そして主ご自身が民衆の対応をされ、解散... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/26 17:00
全てが満たされる 2012/8/19 マルコ6:30-44 
全ての福音書にほぼ同様に書かれたこの物語は、5千人の給食と呼ばれるスケールの大きな奇跡物語です。 この不思議な出来事を理論では説明することは困難ですが、どの福音書にも、どうやってパンと魚が増えたかについて語られていません。私たちの関心はすぐそこに向かうのですが、どうやってパンが増えたかとか魚が増えたか、という出来事自体は、どうでもいい事であるばかりか、かえってそんな現象を詳細に書けば書くほど、この奇跡物語に秘められた大事なメッセージが損なわれるからではないでしょうか。 さて、今回私が注目した... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/19 12:34
安心していきなさい 2012/7/29 マルコ
今日の箇所には二人の癒された女性が出てきます。一度息を引き取った会堂司の娘と長血を患う女性です。主は会堂司の娘を生き返らせる出来事の途中で長血を患った女性を癒されました。しかも主ご自身の側から癒されたというよりも女性が主の服に触れただけでその女性は癒されました。これまでこの女性はあらゆる手だてを尽くしてもどうにもならなかったという深い絶望感にありました。これ以上傷つくのを恐れて本当の心は隠して、本の少しだけ、主の服に触れるだけで十分と思っていたのです。しかし、主はそのような女性を群集から探し出し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/05 01:26

<<  2012年8月のブログ記事  >> 

トップへ

日本ナザレン教団 成田キリスト教会 2012年8月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる