アクセスカウンタ

<<  2012年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
なぜ恐れるのか 2012/7/22 マルコ4:35-41
嵐を鎮める今日の箇所は他の福音書にも記されるお話です。民衆を逃れて湖に漕ぎ出した主ご一行を嵐が襲いました。荒れ狂う波の中、木の葉のように揺れる小さな舟。プロが操る船にもかかわらず波にのまれそうになります。主に従って船を出したのに、ここで自分たちは死んでしまうのか、弟子たちは恐ろしくなって叫びました。その中に横たわる主の静かな眠りは、自分たちを見放した神、主の限界、死の姿を象徴しているのかもしれません。しかし主は、私たちのために死んで、死の中から起き上がられます。人間にはどうすることもできない自然... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/22 11:56
大きな枝を張る 2012/7/15 マルコ4:29-34
主は、たとえを用いて神の国について解き明かされました。律法によってかたくなにされていた人々の心に神の愛を解く為には、生活に密着した言葉によって説明する必要があったからです。本日の箇所で主は、神の国を成長する種を用いてたとえられました。私たちが種を蒔くとしても、私たちの働きは関わって来ません。私たちが寝ていても土が種を成長させるというのです。土だけではなく神が働かれるから、神の恵みがあるから実をつけることができるということです。また、私たちが種を蒔いたとしても、いい時ばかりではありません。種を蒔く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/15 12:04

<<  2012年7月のブログ記事  >> 

トップへ

日本ナザレン教団 成田キリスト教会 2012年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる