アクセスカウンタ

<<  2012年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
聖霊降臨祭  エゼキエル37:1-14 言行録2:1-21
弟子たちは始め復活の主と会っても信じることができませんでした。また主が天に昇られた後、弟子たちはただ天を見上げて立ったままでした。いつも生前の主のそばにいた弟子たちでさえ、十字架と復活の意味は理解できず、信じ難いものだったのです。あまりにも自分の思いとは違った主の言動にただ立ち尽くすばかりだったのです。昇天の前、主は弟子たちに「聖霊が降る」とたしかに約束されました。しかし弟子たちはその意味がわからないままただ待ちつづけ祈っていました。 すると五旬祭(ペンテコステ)の日に聖霊が降りました。その光... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/28 08:43
キリストの体なる教会 2012/5/20 エフェソ1:15-23
教会はキリストの体であると言います。世間一般では、教会とは建物のことを指します。しかし聖書の示す教会はそうではありません。 「教会」はギリシャ語では「エクレシア」と言います。それは「集会」とか「共同体」という意味です。キリストを信じるものが集い、心からの賛美と感謝の礼拝を捧げ、心を合わせて祈るとき、神様がそれを良しとされ祝福されるところ それが教会です。そこには教会でなくてはいけないことがあり、教会だからこそできることがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/20 12:56
聖霊の助けを受けて 2012/5/6 使徒8:26-40
サマリアで伝道活動していた伝道者フィリポに主の霊が「ガザに行くように」、「馬車を追いかけろ」と示します。馬車の主人は異邦人の宦官でありながら、ユダヤの神様を礼拝する為にエルサレムに上った帰り道でした。礼拝にと言ってもエルサレム神殿では幾重にも隔てられた所からしか礼拝できませんでした。フィリポは馬車に乗っているのか誰なのか知りません。馬車の主も走りよって声をかけてきた者がどんな人物なのかわかりません。普通なら出会うことのない二人でした。しかし霊の力によって引き寄せられた二人は不思議な力によって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/06 20:33

<<  2012年5月のブログ記事  >> 

トップへ

日本ナザレン教団 成田キリスト教会 2012年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる