アクセスカウンタ

<<  2012年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
試みに打ち勝つ  2012/2/26  マルコ1:12-13 
先週の水曜日よりレントに入りました。復活祭までの間、日曜日を除いた日数が40日なので、四旬節と呼ばれます。「四十」は苦難と試練の時をさす象徴的数字です。旧約聖書のノアの物語において大洪水は四十日四十夜続きました。イスラエルは四十年のあいだペリシテ人に渡されていました。エリヤは四十日四十夜荒野を渡ってホレブ山につきました。 主イエスは神の啓示に与るのと同時に、四十日サタンに試みられ、サタンと苦闘したのです。サタンとは、本来の自分を見失わせてしまうものです。主は霊によって「試みに遭うため」... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/27 20:48
変容主日 2012/2/19 マルコ9:2-9
主は12人の弟子の中でもリーダー格の、ペトロ、ヤコブ、ヨハネだけを連れてイエス様たちは高い山に登られました。すると山の上でイエス様の姿が目の前で変わり、服は真っ白に輝いたのです。そしてその場所でイエス様は伝説上の人物、モーセや預言者エリヤと語り合ったといいます。 この時を境に主は一気に十字架に向けての歩みを早めていきます。マルコでは重要な場面で「これは私の愛する子…」という声が聞こえたと記されています。この出来事は後に教会のリーダーとなっていく3人にだけ示され、全てが完了する復活の時ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/19 20:53
我に従え  成田教会創立25周年記念礼拝 森稔師 2012/2/12
...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/15 07:42
そこでも宣教する  マルコ1:29‐39  2012/2/5
先週のガリラヤのカファルナウムの会堂で語られました後の出来事です。 主イエスは引き続いてシモンペトロの姑を癒されました。 夜になると噂を聞きつけた大勢の人たちが主イエスのもとにやってきました。 主は次々とそれらの人々を癒されました。ペトロの姑の癒しの意味は何でしょうか。当時、だれも癒すことの出来なかった悪霊を言葉によって追い出すというような軌跡ではありません。また大勢の人を片っ端から全て癒したという量的な癒しでもありません。これは単なる客寄せのパフォーマンスではありません。神の業が小さ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/05 17:12

<<  2012年2月のブログ記事  >> 

トップへ

日本ナザレン教団 成田キリスト教会 2012年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる