アクセスカウンタ

<<  2011年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
新しい掟 2011/1/23 Tヨハネ2:7-17
モンスターペアレントなるものがニュースをにぎわせています。 クレームとして挙げられたもののいくつかをご紹介したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/30 01:36
我が内に居ます主 2011/1/16 Tヨハネ2:1-8
この手紙の1章では、光である神と救い主イエス・キリストについて伝え、神の子どもとされた私たちも光の中を歩んでいなければならない、と強調しました。 そして、ヨハネがこの文を書き送る理由は「私たちが、光の中を歩んでいて、光である神と交わりを持つようにするためだ」です。 さらに、「私の子どもたち。私がこれらのことを書き送るのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです。」とあります。 私たちが光である神と交わりを持つためには、私たちも光の中にとどまらなければならない、言いかえれば、罪を犯し... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/30 01:20
神の光 ヨハネの手紙1 1:6-10  2011/1/9
年末年始に、芸能人格付けランキングという番組をしていました。 高価な本物と、安価なものを用意して、AとBのどちらが本物かというのを見分けるというものです。 一流芸能人ならわかるはずだ、というのが前提の番組です。 聖書的にはランク付けをして差別することはあまり好ましいとはいえませんが、芸能人がもっともらしく薀蓄を語るわりに当たらないというのも面白い所です。 例えばAに私たち庶民には到底口にすることの出来ないような高級輪牛肉。 一方Bにはスーパーで100g1000円の肉を目隠しして... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/09 11:58
私に従いなさい 2010/12/26 ヨハネ21:15-19
2010年の最後の礼拝にこの箇所を選びました。 調べてみますと、2008年のアドベントからヨハネ福音書から聞いてきました。 待降節や受難節には別の箇所から という時もありましたが、丸2年ということになります。 長く苦しいこともありましたが、振り返るとよい学びであったという感想を持つのは自画自賛でしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/02 13:27
喜びに満ち溢れる 2011/1/2 Tヨハネ1:1-10
ヨハネ福音書は、「初めに言があった」ではじまります。 この「ことば」は教会用語では「み言葉」と使われることもある、聖書に書かれている言葉という意味があります。 同時に、この世界の創造の初めから存在しておられて、神のみ元から地上に来られた神のみ子イエス・キリストを指しています。 このヨハネ福音書は、天地創造のときからおられるイエス・キリストが、私たちの罪の赦しのために十字架におかかりになって、再び天へ戻られたことを証ししています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/02 13:23
元日礼拝 2011/1/1 マタイ7:7-12
新年あけましておめでとうございます。 昨年は、皆さんに本当に祈っていただき、お支えいただき、ありがとうございました。 新しい年も、どうぞよろしくお願いいたします。 2011年の最初、神様を礼拝することから始めることができますことを感謝致します。 今年も神様を礼拝することを信仰生活の土台とさせていただきたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/01 13:55

<<  2011年1月のブログ記事  >> 

トップへ

日本ナザレン教団 成田キリスト教会 2011年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる